新発毛治療システム

女性にも早くて簡単な発毛治療

042-676-1234

東京都八王子市鑓水2-175-9中濵クリニック

新発毛システム「PRIME-JET~プライムジェット~」のご案内

新発毛システム「PRIME-JET~プライムジェット~」

女性にも安心してお使いいただける塗り薬とサプリメントでの発毛治療です

育毛治療では、現在一般的に「プロペシア」という飲み薬がメインで行なわれていますが、
この「プロペシア」は、女性は服用できないお薬です。そのため、今まで女性に効果的な発毛治療はありませんでした。

当院の新発毛システム・PRIME-JET~プライムジェット~を利用する治療方法は、毛穴の汚れを落として、育毛剤を導入し、女性は女性用塗り薬とサプリメント、男性は男性用塗り薬とサプリメントの服用を併用することで、発毛を促進する治療方法になります。

男性に効果的なことはもちろんのこと、今まで主な治療方法がなかった女性にもぜひご利用していただきたい治療方法です。

発毛のメカニズム

内服薬で、身体の内側から発毛環境を整え、専用マシーンで頭皮の汚れを強力に吸引し、ミスト状の育毛剤を1トンの圧力で頭皮の奥まで浸透させます。


真空含浸発毛法とは

真空含浸発毛法とは、薄毛の2大原因ともいえる「毛穴の皮脂や老廃物などの汚れ」と「毛根周囲の血行不良」を減圧によって真空に近い状態をつくって取り除き、その後、加圧によって、育毛剤を毛根にまで浸透させる治療方法です。
注射と違い、痛みもなく、頭皮の汚れを落とし、きれいにしてから育毛剤を注入するため、毛穴の深部に浸透させることができます。

表面の汚れ
毛穴廻りの汚れ、長年蓄積している皮脂があります。
これらを取らないと育毛剤は適切に入りません。

毛穴の汚れも一掃
吸引+押圧と加圧を繰り返し、皮脂を吸引します。
血栓解除で毛細血管を拡張し血流を促します。

毛根への栄養補給
フレッシュな状態になった毛穴に育毛剤を注入。
毛根までしっかりと導入します。


開始~1ヶ月

毛髪にコシが出てくる
一時的に脱毛が目立つことがあります。

1ヶ月~2ヶ月

抜け毛の減少
前頭部、頭頂部に産毛が目立ちます。

3ヶ月~4ヶ月

産毛が太くなり伸びる
薄い部分が明らかに改善され始めます。
【78%の方が、効果を実感します。】

4ヶ月~6ヶ月

見た目もイメージも変化が見られ、周囲の人に「髪増えた?」と言われます。
【98%の方が、効果を実感します。】

6ヶ月~1年

それまでに改善がなかった部位(つむじや前頭部M字部分の薄い所)でも改善されます。

1年~3年・4年以降

改善された毛髪が維持されます。


※初めての処方時は診察が必要です。 自費:1,100円(税込)


「エレクトロポレーション・ハイドレーション」のご案内

そのほか、頭頂部から、前頭部にかけて、エレクトロポレーション・ハイドレーションによる発毛も行っております。
エレクトロポレーション・ハイドレーションは、 1回30分間(頭頂部~前頭部) 12,100円(税込)です。



男性型脱毛症内服薬

主な副作用・リスクについて

次のような症状又は異常があらわれた場合には、服用を中止する等の適切な処置を行うこと。
※動悸やめまい等の症状が強くあらわれた場合は、自身での乗り物の運転や高所での作業は行わないこと。

  • 手、足、顔のむくみ
  • 動悸、めまい、ふらつき、不整脈
  • 手、足、顔のしびれや痛み
  • 多毛症
  • 肝機能障害
  • 皮膚のかゆみ、炎症、紅潮、蕁麻疹、発疹
  • 頭痛、吐き気
  • 性欲減退、睾丸痛、精液の質の低下
  • 胸の痛み
  • 急激な体重増加
  • 乳房圧痛、乳房肥大
  • ニキビの発生
  • かすみ目
  • 低血圧


注意事項

下記に該当される方は、お受けいただくことが出来ませんので、ご了承ください。

  • 未成年の方
  • 妊婦、妊娠する可能性のある女性及び授乳中の女性
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある方
  • 高血圧、低血圧等の循環器系の既往歴がある方
  • 心疾患・脳の病気加療中の方
  • 肝機能障害がある方

※施術には、国内未承認医薬品または医療機器を用いた施術が含まれます。
※施術に用いる医薬品および機器は国内販売代理店経由にて入手しています。



男性型脱毛症外用薬

主な副作用・リスクについて

次のような症状又は異常があらわれた場合には、服用を中止する等の適切な処置を行うこと。
※動悸やめまい等の症状が強くあらわれた場合は、自身での乗り物の運転や高所での作業は行わないこと。

  • 皮膚のかゆみ、炎症、紅潮、蕁麻疹、発疹
  • 頭皮のフケ
  • 本剤の使用箇所におけるニキビの発生
  • 動悸、めまい、ふらつき、不整脈
  • 頭痛、吐き気
  • 手、足、顔のむくみ
  • 手、足、顔のしびれや痛み
  • 多毛症
  • 胸の痛み
  • 急激な体重増加
  • かすみ目
  • 低血圧


注意事項

下記に該当される方は、お受けいただくことが出来ませんので、ご了承ください。

  • 未成年の方
  • 妊婦、妊娠する可能性のある女性及び授乳中の女性
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある方
  • 高血圧、低血圧等の循環器系の既往歴がある方
  • 心疾患・脳の病気加療中の方


女性型脱毛症内服薬 A錠

主な副作用・リスクについて

次のような症状又は異常があらわれた場合には、服用を中止する等の適切な処置を行うこと。
※動悸やめまい等の症状が強くあらわれた場合は、自身での乗り物の運転や高所での作業は行わないこと。

  • 多毛症
  • 動悸、めまい、ふらつき、不整脈
  • 手、足、顔のしびれや痛み
  • 手、足、顔のむくみ
  • 低血圧
  • 頭痛、吐き気
  • 皮膚のかゆみ、炎症、紅潮、蕁麻疹、発疹
  • 急激な体重増加
  • 肝機能障害
  • 食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、便秘
  • かすみ目


注意事項

下記に該当される方は、お受けいただくことが出来ませんので、ご了承ください。

  • 未成年の方
  • 妊娠中及び授乳中の女性
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往症がある方
  • 高血圧、低血圧等の循環器系の既往症がある方
  • 心疾患・脳の病気加療中の方
  • 婦人科系の病気加療中の方
  • 肝機能障害がある方


女性型脱毛症内服薬 B錠

主な副作用・リスクについて

重大な副作用

次のような症状又は異常があらわれた場合には、医師の判断のもとで服用を中止するかどうかを決定すること。

  • 肝機能障害
  • 電解質異常(高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等の電解質の異常
    * この場合、ごく稀に全身倦怠感、不整脈、脱力感、傾眠、意識障害、痙攣、嘔吐、脱力等の症状があらわれることがある)
    ※電解質異常による症状が強くあらわれた場合は、自身での乗り物の運転や高所での作業は行わないこと。

その他の副作用

次のような症状又は異常があらわれた場合には、服用を中止する等の適切な処置を行うこと。
※動悸やめまい等の症状が強くあらわれた場合は、自身での乗り物の運転や高所での作業は行わないこと。

  • 多毛症
  • 動悸、めまい、ふらつき、不整脈
  • 手、足、顔のしびれや痛み
  • 手、足、顔のむくみ
  • 低血圧
  • 頭痛、吐き気
  • 皮膚のかゆみ、炎症、紅潮、蕁麻疹、発疹
  • 急激な体重増加
  • 急性腎不全
  • 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群
  • 乳房の張り、乳房腫瘤、乳房痛
  • 月経不順、無月経、閉経後の出血、声の低音化
  • 口渇、頻尿
  • 性欲減退
  • 食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、便秘
  • 神経過敏、うつ状態、不安感、傾眠、運動失調、意識朦朧
  • 白血球減少、血小板減少
  • かすみ目


注意事項

下記に該当される方は、お受けいただくことが出来ませんので、ご了承ください。

  • 未成年の方
  • 妊娠中及び授乳中の女性
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往症がある方
  • 高血圧、低血圧等の循環器系の既往症がある方
  • 心疾患・脳の病気加療中の方
  • 婦人科系の病気加療中の方
  • 甲状腺機能障害がある方
  • 肝機能障害がある方
  • 重篤な腎障害がある方
    (高カリウム血症を発現するおそれがある)
  • 減塩療法中の方
  • タクロリムス、エプレレノン又はミトタンを投与中の方
  • アジソン病の方


併用注意

降圧剤、カリウム製剤、ACE 阻害剤、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤、アリスキレン、カリウム保持性利尿剤、シクロスポリン、ドロスピレノン、ノルエピネフリン、乳酸ナトリウム、塩化アンモニウム、コレスチラミン、ジゴキシン、メチルジゴキシン、ジギトキシン、リチウム製剤、非ステロイド性消炎鎮痛剤



女性型脱毛症外用薬

主な副作用・リスクについて

次のような症状又は異常があらわれた場合には、服用を中止する等の適切な処置を行うこと。
※動悸やめまい等の症状が強くあらわれた場合は、自身での乗り物の運転や高所での作業は行わないこと。

  • 皮膚のかゆみ、炎症、紅潮、蕁麻疹、発疹
  • 頭皮のフケ
  • 本剤の使用箇所におけるニキビの発生
  • 動悸、めまい、ふらつき、不整脈
  • 頭痛、吐き気
  • 手、足、顔のむくみ
  • 手、足、顔のしびれや痛み
  • 多毛症
  • 胸の痛み
  • 急激な体重増加
  • かすみ目
  • 低血圧


注意事項

下記に該当される方は、お受けいただくことが出来ませんので、ご了承ください。

  • 未成年の方
  • 妊娠中及び授乳中の女性
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある方
  • 高血圧、低血圧等の循環器系の既往歴がある方
  • 心疾患・脳の病気加療中の方