ほくろ治療・除去

ホクロをレーザー治療で取り除きます。

042-676-1234

東京都八王子市鑓水2-175-9中濵クリニック

ほくろ治療・除去のご案内

ほくろをレーザーで取り除きます。
ほくろ治療について、ご不明な点等は、お気軽にお問い合わせください。

※平日は、午前は診療時間内は予約なしで施術可能、午後のみ予約制となります。
 土曜日は、午後のみ施術可能で予約制となります。




主な副作用・リスクについて

赤みや色素沈着が生じる場合があります。
一時的に凹んだ状態になったり、傷跡が残る場合があります。



禁忌事項(治療を受けられない方)

  • 治療部位に金属プレート・シリコン・金の糸が入っている方、感染症・傷・皮膚疾患がある方、
    ヒアルロン酸注入、ボトックス注射等を受けて2週間以内の方
  • 麻酔薬に対してアレルギー体質の方
  • 重症な心臓疾患・出血性疾患・糖尿病の方、悪性腫瘍のある方、ケロイド体質の方、妊娠中の方 
  • 関節リウマチなどでシオゾールなどの金製剤を服用中あるいは金製剤の服用歴のある方


注意事項

  • ホクロ・イボ・魚の目では、局所麻酔が必要です。細い針で注射しますので、注射の痛みは少ないです。
    麻酔後のレーザー照射時には多少の熱感や圧迫感があることがあります。
  • レーザー治療により皮膚病変は消失、陥凹し、周囲は発赤します。治療直後は患部に消毒用軟膏を塗布し、絆創膏で覆います。
  • 処方された感染防止の消毒用軟膏を、自宅で患部に当日から塗布し、絆創膏で覆ってください。
    創部が乾燥するまでの1週間~10日間は、自宅で毎日軟膏塗布してください。
    術後10日前後に、カサブタが剥がれますが患部に赤みが残ります。
    カサブタを無理にはがすと痕が残る可能性があります。
  • レーザー治療後の10日以降に、経過観察のため必ず来院してください。
  • 2回目の来院時に、炎症およびアレルギー反応を抑え、赤みを早期に改善し、
    皮膚の盛り上がりを抑えるため、リンデロンVG軟膏(ステロイド入り抗生物質)を処方します。
    最低3ヶ月間、できれば半年間は継続して、患部に絆創膏を貼らずに毎日塗布してください。
  • 患部の赤みは、炎症性の色素沈着により一時的に濃くなりますが、術後2~3ヶ月をかけて徐々に薄くなります。
    術後1年以上経過すると逆に患部が白くなることがあります。患部をヘチマや硬いタオルで、こすったりしないでください。
    ケロイド体質の方は術後瘢痕が生じる可能性がありますので、定期的な診察を受けることが必要です。
  • 術後2~3ヶ月程度はメラニン代謝異常が続きますので、日焼け止めクリームを患部に塗布して紫外線を避けてください。
    日焼け止めクリームは、SPF30以上のものを選んでください。
  • ホワイトニングクリームを併用すると、炎症性の色素沈着の赤みが早期に改善されます。
  • 副作用として、不可抗力として術後に再発、ケロイド瘢痕、陥凹、脱毛、白斑が生じる場合があります。
    その場合には治療費の返還、その後の治療費の金銭的補償を行うことはできません。

料金等について

保険診療では
11,000円前後~ となります(3割負担の場合)

自費治療となる場合
5mm2以下が 5,500円 で、薬剤費が別途 1,100円前後 必要となります。

※保険診療、自費治療ともに、カウンセリング代 1,100円(税込)が別途必要となります。
※ほくろ治療をご希望される方で、未成年の方(16歳以上~)は、あらかじめ、下記、保護者同意書をプリントアウトし、ご記入の上、お持ちください。

【レーザー治療同意書(PDF書類:約100kb)】